JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > リリース/会見 > ニュースリリース > 2016年10月28日
 

ニュースリリース- 2016年10月28日

共同プレスリリース – 2016年10月28日
JAMA-CLEPAビジネスサミット2016で経済連携推進を確認

仮訳

10月27日および28日、イタリアのベネチアで第10回JAMA-CLEPAビジネスサミットが開催され、欧州の自動車部品サプライヤーと日本の自動車メーカーが日欧の自動車産業の先進性を称えるとともに、良好な関係をあらためて確認しました。今回のサミットは、欧州自動車部品工業会(CLEPA)およびイタリア自動車工業会(ANFIA)により共催されました。

日本自動車工業会(JAMA)とCLEPAは、自動車政策、事業提携、基準調和といった課題について、長年にわたり緊密な連携を図ってきました。

今回のサミットで、CLEPAとJAMAは、日EU自由貿易協定(日EU・EPA)を全面的に支持することを再確認し、この重要な協定によってもたらされ得る繁栄とイノベーションへの期待を強調しました。世界各国に対する欧州の自動車部品の輸出額は年間750億ユーロを超えており、中でも日本は欧州のサプライヤーにとって重要な市場です。そのため、日EU・EPAは、自動車部品市場のさらなる成長を促進するものと考えられます。

また、欧州の自動車部品サプライヤーが日本の自動車メーカーに対し、環境、安全、情報通信、自動運転といった最新の技術イノベーションを紹介しました。

CLEPA会長のロベルト・ヴァヴァッソーリ(Roberto Vavassori)は次のように述べています。「JAMA-CLEPAビジネスサミットでは、欧州のサプライヤーと日本のメーカーが長年にわたり良好な関係を築き、双方が非常に多くのメリットを享受してきたことを確認することができました。日EU・EPAが早期に締結され、関税障壁および非関税障壁の撤廃や、国連の基準を尊重し採用するなど、双方にメリットがもたらされることを願っています。」

JAMA白柳正義調達委員長は次のように述べています。「JAMA-CLEPAビジネスサミットは、日本とEUとの絆をより深めるものとなりました。こうした関係をさらに強めるためにも、我々はEUと日本の経済連携協定(EPA)が両国の首脳が言っているように本年末までに大筋合意されることを期待しています。」

アウレリオ・ネルボ(Aurelio Nervo)ANFIA会長は次のように述べています。「イタリアの自動車部品産業の能力はOEMの要求に応える形で世界的に認められています。2015年の輸出は前年比+3.3%となっており、生産工程や製品の技術が認められている証拠であります。日本はイタリア製自動車部品のアジアにおける最大の輸出先であり、今後も重要なトレードパートナーとして継続するものと信じています。イタリア部品メーカーはまた、欧州や米国の日系OEMにも主要部品を供給しています。」

欧州自動車部品工業会(CLEPA)は、欧州における自動車部品、システム、モジュールの世界的な大手サプライヤー119社および23の経済/業界団体で構成されています。CLEPAは、500万人以上の従業員を擁する3,000社以上の企業を代表しており、自動車サプライチェーンのあらゆる製品・サービスをカバーしています。ベルギーのブリュッセルに本部を置き、EUの機関、国連、自動車業界団体(欧州自動車工業会(ACEA)、JAMA、米国自動車部品工業会(MEMA)など)に対し、欧州自動車業界を代表して活動を行っています。詳細はwww.clepa.euをご覧いただくかa.distefano@clepa.beまでお問い合わせください。

日本自動車工業会(JAMA)は、乗用車、トラック、バス、二輪車を製造する日本の自動車メーカー14社によって構成されています。JAMAは、我が国の自動車産業の健全な発達を図り、もって経済の発展と国民生活の向上に寄与することを目的に活動しています。自動車産業の動向が与える影響がますます大きくなりつつある今日、従来にも増して当会の役割と使命を自覚し、豊かなクルマ社会の実現に向けて積極的に取り組んでまいります。詳細はhttp://www.jama-english.jp/まで。

イタリア自動車工業会(ANFIA)は、イタリアの大手産業団体、CONFINDUSTRIAイタリア産業総連盟)のメンバーの一員です。1912年3月の設立以来、ANFIAの使命は、百年にわたって常に会員の利益を代表し、一方で、自動車分野における全ての技術的、経済的、財政、法務、統計及び品質関連の問題について、イタリアの自動車産業と行政や政治団体との効率的なコミュニケーションを確保することであります。本工業会は、3つの製品群によるグループによって構成されています。
詳細はhttp://www.anfia.it/まで。

以上

ご参考:Joint Press Release – 28th October 2016 JAMA-CLEPA Business Summit 2016 celebrates EU-Japan relations(英文プレスリリース)(PDFファイル:143KB)