JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > リリース/会見 > ニュースリリース > 2020年10月30日
 

ニュースリリース- 2020年10月30日

大型4社、大型トラックの車輪脱落事故防止対策を協調して対応
〜 4つのルール「お・ち・な・い」の徹底と『連結式ナット回転指示インジケーター』の活用 〜

一般社団法人日本自動車工業会(会長:豊田 章男、以下「自工会」)は、大型車メーカー4社※1(以下「大型4社」)で構成する大型車委員会(委員長:下 義生)の活動を通じ、官民一体となった大型車の車輪脱落事故防止の取り組みを進めています。

大型4社は、大型車の車輪脱落事故防止のために、国土交通省や関連する業界団体と連携して、適切なタイヤ交換作業の方法の啓発に継続して取り組んできました。しかしながら、昨年度の事故発生件数は、対前年度31件増の112件と増加しています。

この状況を重く受け止め、従来の啓発活動に加え、ナットの緩み点検が容易にできるよう、国土交通省と連携※2して『連結式ナット回転指示インジケーター』(隣り合うナットを連結する樹脂製の市販部品。緩みに伴う変形により、目視でナット緩みを確認可能)を活用した取り組みを進めることとしました。

<大型4社、大型トラックの車輪脱落事故防止の取り組み>

1)「お・ち・な・い」の啓発継続
車輪脱落事故を防ぐ4つのルール(「お・ち・な・い」:①規定トルクでの締め付け、②増し締めの徹底、③日常点検の実施、④適合ホイールボルト・ナットの使用)の徹底について、国土交通省や関連する業界団体を通じ、引き続き啓発に取り組みます。
また、最近ではホイールやホイールボルト・ナットの著しい錆が原因と思われる車輪脱落事故の発生が確認されており、著しい錆のあるホイールやホイールボルト・ナットの交換をポスター等で促します。 
2)『連結式ナット回転指示インジケーター』※3の活用
『今できることを、直ぐやる』スタンスにより、日常点検の容易化が図れ、事故低減に効果が見込める同部品の活用を、国土交通省と連携して推進することとしました。
通常の日常点検では、点検ハンマーを用いてのナットの緩み点検の励行をお願いしていますが、同部品の装着により目視で緩みが確認できると考えており、車輪脱落事故の発生が集中している左後輪への装着を推進してまいります。

『連結式ナット回転指示インジケーター』
『連結式ナット回転指示インジケーター』

大型4社は、安全を始めとする様々な社会的課題に連携して積極的に取り組み、“人と物の自由で安全な移動の確保”に貢献してまいります。

※1:いすゞ自動車株式会社、日野自動車株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社、UDトラックス株式会社
※2:大型4社は、昨年度から、国土交通省「大型車の車輪脱落事故防止対策に係る調査検討ワーキンググループ」に参画。事故原因の徹底究明と効果的な対策への協力・検討を行ってきた。
10月末には、国土交通省から「中間とりまとめ」が纏められたことを踏まえ、大型車の車輪脱落事故防止に係る令和2年度緊急対策が通知された。
(国交省緊急対策Web:https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha/tenkenseibi/tenken/t2/t2-1/
※3:『連結式ナット回転指示インジケーター』は、自工会が使用している名称であり、国土交通省が「ホイールナットマーカー」と説明しているものに相当します。

啓発チラシ

啓発チラシ

以 上