JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > リリース/会見 > ニュースリリース > 2018年09月20日
 

ニュースリリース- 2018年09月20日

自工会 2020年に自動運転実証を公開

最先端技術を生かし「交通事故ゼロ」「誰もが自由な移動」を実現できる未来のモビリティ社会像を提示
自工会加盟会社10社(計約80台)が参画、試乗イベントも開催
 【期間】2020年7月6日(月)〜12日(日)7日間
 【開催エリア】羽田空港地域、羽田-臨海副都心・都心部、臨海副都心地域

一般社団法人 日本自動車工業会(以下自工会、会長:豊田章男)は、「世界で最も安全、効率的で自由なモビリティ社会」の実現に向けて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの前の、7月6日(月)〜12日(日)に、自動運転実証を公開いたします。
本実証には、自工会加盟会社10社(スズキ株式会社、株式会社SUBARU、ダイハツ工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、日野自動車株式会社、本田技研工業株式会社、マツダ株式会社、三菱自動車工業株式会社、ヤマハ発動機株式会社)が参画いたします。
会長の豊田章男は、「自動運転によって『交通事故ゼロ社会』、『全ての人が自由に楽しく移動できる社会』の実現を目指していくことは、全メーカー共通の願いです。自動運転実証では、インフラ協調など、協調領域の取り組みを自工会としてリードし、業界一丸となって推進していきます。東京オリンピック・パラリンピック開催年である2020年に、『先進モビリティ社会、日本』の一端を世界中の方にご体感いただき、その先のモビリティ社会への期待感を膨らませていただく場にしていきたいと考えています。」と語っております。
なお、本実証の実施に際しては、産学官で推進する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動運転(システムとサービスの拡張)」*1実証と連携し、オール・ジャパンによる自動運転の技術の
レベルアップを図ってまいります。

■自動運転実証 実施概要

イベント名称 自工会 2020年自動運転実証
開催日時 2020年7月6日(月)〜12日(日) 計7日間
実証内容 実証参画企業 計10社、自動運転車両 計約80台予定
自動運転レベル2〜4*2に相当
1)羽田空港地域
 ・公共交通機関であるバスをモデルケースとした実証・デモ
2)羽田空港から臨海副都心・都心部
 ・高速道でのインフラ連携の実証・デモ
3)臨海副都心地域
 ・交通量の多い混合交通の公道における自動運転や緊急停止、多様なタイプの自動運転車両による実証・デモ(乗用車、小型モビリティ等)
主催 一般社団法人 日本自動車工業会 

※自動運転実証・デモの詳細については確定次第、お知らせする予定です。

*1 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転(システムとサービスの拡張)では、2018年3月30日の未来投資会議を受け、関係省庁・東京都等と連携し、実用化に向けた実証実験の環境整備の取り組みを開始。2019年秋より、国内外の自動車メーカーや関係企業、大学等の研究機関等が参加する実証実験を予定。技術開発の活性化、研究開発成果の評価・課題抽出、実用化への見極め、国際連携・協調の先導、社会受容性の醸成を行う。

*2 SAE J3016 レベル4(高度運転自動化)に相当するが、本実証においては、安全性に配慮し、ドライバーが乗車。


お問い合わせ先:
一般社団法人日本自動車工業会 広報室
〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 日本自動車会館
電話:03-5405-6119/FAX:03-5405-6136


以 上