JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > リリース/会見 > ニュースリリース > 2018年04月09日
 

ニュースリリース- 2018年04月09日

2017年度乗用車市場動向調査について

一般社団法人日本自動車工業会(会長:西川 人)は、2017年度に実施した乗用車市場動向調査の結果を取りまとめました。
本調査は、単身世帯を含む全国の一般世帯における乗用車の保有、今後の購入意向などを隔年毎に調査し、需要の質的変化の見通しに役立てようとするものであります。
今年度は保有状況・使用実態・今後の購入意向等について時系列の動きに主眼を置きました。
また、トピックとして次世代自動車・先進安全技術・次世代技術・若年層に注目しました。

I.時系列調査結果の主な特徴

  1. 乗用車市場動向
    • 乗用車世帯保有率は76.8%。地方圏、高年収層、家族期で高い傾向は変わらず。
    • 首都圏中心部・近郊及び地方圏都市部では車の保有は利便性よりも必要性との関係が強く、首都圏周辺部及び地方圏周辺部・郡部では利便性・必要性ともに関係が強い。
    • 軽乗用車の増加傾向、軽乗用車を含めた複数保有も増加傾向と軽移行が継続。
    • 非保有理由は維持費負担大が上位で増加傾向。今後の購入意向は低水準。
  2. 乗用車ユーザーの特性と使用状況
    • 主運転者の世帯ライフステージは高齢期が1/4を占める。続柄は家計の中心者が約6割。
    • 「買物・用足し」中心の使用は変わらず。維持費は4割強が負担を感じている。
  3. 購入状況
    • 同タイプ・クラスからの代替が中心。
    • 保有長期化傾向は変わらず。
  4. 今後の保有・購入動向
    • 減車意向・保有長期化意向が継続。
    • ダウンサイズ意向が継続。次世代エンジン意向は約3割。

II.トピック調査結果の主な特徴

  1. 次世代自動車への意識
    • 「ハイブリッド車」「電気自動車」は6割を超える認知。「ハイブリッド車」を除き、受容は低レベル。
  2. 先進安全技術車に対する意識
    • 運転を続ける上での不安をカバーする「予防安全技術」の魅力度が高い。60歳以上で魅力度が高い傾向は変わらず。
  3. 次世代技術に対する意識
    • 自動運転車に関心があると答えた人は4割強。「自動運転レベル3」までの技術を望む人は2割程度に止まる。
    • 4割強が超小型モビリティを認知。購入・利用意向者は2割弱。
  4. 保有形態に対する意識
    • レンタカー以外の自動車サービスの認知・意向はまだまだ低レベルと普及途上。
      カーシェアは首都圏中心部では全国より高い認知を獲得。
  5. 高齢層分析
    • まだまだ運転意欲はあるものの、運転に対する不安から移動手段が確保されれば7割が返納制度利用意思あり。
  6. 若年層分析(四輪非保有者)
    • 車の使用価値は認識しているものの、お金をかけてまで車を所有する意識は低い。

なお、上記の特徴ならびに詳細については報告書をご参照いただきたい。
報告書は、当会ホームページにも掲載する。
乗用車市場動向調査  http://www.jama.or.jp/lib/invest_analysis/four-wheeled.html

以 上

ご参考:2017年度乗用車市場動向調査の概要