JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > リリース/会見 > ニュースリリース > 2013年11月07日
 

ニュースリリース- 2013年11月07日

第43回東京モーターショー2013
-11月22日(金)、東京ビッグサイトで開幕-

一般社団法人日本自動車工業会(会長:豊田 章男)は、本年11月22日(金)から12月1日(日)までの10日間(一般公開は11月23日(土)から)、江東区・有明の東京ビッグサイトにて「第43回東京モーターショー2013」を開催する。今回は、24年振りに会場を東京に移した2011年の第42回ショー以降、2回目の東京開催となる。
報道関係者招待日(プレスデー)は、11月20日(水)と21日(木)の2日間。特別招待日の11月22日(金)には、総裁 瑶子女王殿下のご臨席を仰ぎ開会式・ご高覧・祝賀レセプションが行われる。

第43回東京モーターショー2013は「世界にまだない未来を競え。」をテーマに、乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービス、SMART MOBILITY CITY 2013を含む総合ショーとして開催する。
世界12ヶ国から合計177社180ブランド(展示面積38,239 ㎡)が参加する。全ての国内自動車メーカー14 社・15 ブランドが出展し、海外からは18 社・20 ブランド(乗用車・商用車・二輪車)が出展し、乗用車部門ではスウェーデンのボルボが復帰し、米国のテスラモーターズが新規出展する。

次の様々な施策により、第43回東京モーターショー2013では、クルマやバイクを核にした“モーターウィーク”を16日間開催し、お台場全体を盛り上げていく。そして、より多くの来場者をお迎えし、前回第42回ショーの総入場者数842,600人を一人でも多く上回りたい。

 

1.「お台場モーターフェス」
若者やファミリー等の幅広い層にクルマ・バイクに触れて、その魅力を感じて頂くために、お台場エリアでの周辺施策「お台場モーターフェス」を実施する。開催期間は、第43回東京モーターショー2013開催前週の11月16日(土)・17日(日)及び東京モーターショー期間中となる。メインイベントの公道パレード「ODAIBAモーターパレード」やクルマ・バイクのショー「シルク・ド・モビ」のほか、サテライト会場であるMEGA WEBでも多彩なイベントを実施する。お台場エリア全体でクルマ・バイクのイベントを開催することで、第43回東京モーターショー2013の盛り上げにも繋げて行く。

2.「Mobilityscape Tokyo」(メディア・イベント)
日本自動車産業の競争力や日本メーカーの魅力を「日本ブランド」として世界に発信することを目的に、プレスデー前日の11月19日(火)に国内外のプレスを対象としたメディア・イベント「Mobilityscape Tokyo」を初めて開催する。自工会の正副会長会社5社のトップによるリレースピーチやトークセッションをはじめ、自工会正副会長会社5社トップによるトークセッションや自工会会員14社及び第43回ショー共催団体トップのフォトセッションなどを予定している。セッション終了後のレセプションでは自工会会員14社の歴史的な車両等の展示、各社トップによる車両紹介、国内外プレスと各社トップとの懇談を行なう。

3.「プレビュー・ナイト」
今回初めて導入する「プレビュー・ナイト」は、特別招待日(11月22日(金))の午後5時30分より午後8時に入場者を1万人に限定し実施する。入場料は3,000円で、ゆったりと東京モーターショーを楽しんで頂くことが出来る。

4.「CEATEC JAPAN 2013」、「第20回ITS世界会議東京2013」との連携
更に、今秋に3つの国際的イベントがあり、既に「CEATEC JAPAN 2013(10/1-5)」、「第20回ITS世界会議東京2013(10/14-18)」が開催された。それに続き締めくくりとして「第43回東京モーターショー2013(11/22-12/1)」を開催し、日本のものづくりやイノベーションを国内外に発信して行く。具体的には各イベントで「自動運転」を共通テーマとして実施したシンポジウムを、第43回東京モーターショー2013会場でも引続き実施する。

▼出展内容
ワールドプレミア(世界初の発表)が76台

ワールドプレミアが76台(乗用車40台、商用車3台、二輪車24台、カロッツェリア3台、車体6台)、ジャパンプレミア(日本初の発表)が81台(乗用車40台、商用車4台、二輪車33台、カロッツェリア2台、車体2台)が出展される予定。
(2011年・第42回ショー実績:ワールドプレミア 乗用車27台、商用車3台、二輪車14台、カロッツェリア5台、車体4台、計53台/ジャパンプレミア 乗用車54台、商用車3台、二輪車24台、カロッツェリア1台、計82台)

▼主催者テーマ事業
つながるクルマの未来を俯瞰する
【SMART MOBILITY CITY 2013 (西4ホール他)】

前回ショーにて新たな主催者企画として開催した“SMART MOBILITY CITY 2011”については、今回も“SMART MOBILITY CITY 2013”として「KURUMA NETWORKING 〜くらしに、社会に、つながるクルマたち〜」をテーマに開催する。2回目の開催となる今回は、ITSを中心として「次世代自動車とそれらを取り巻く社会システム」を提示する。
主催者によるコア展示を含む様々な業界からの出展とテストライド、国際シンポジウムなどを通して、より深く、より分かりやすくご紹介する。

▼主な来場者向け企画とサービス
参加・体験型の多彩な企画でクルマファン・バイクファンの裾野を広げる
【特別企画】

・プロの運転による乗用車同乗試乗会
・二輪車試乗会
・自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー
・東京モーターショーシンポジウム2013
・日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)によるガイダンス付小中学生特別見学
・多彩なステージイベント
・Best of 未来【新規】
来場者が審査員となり、第43回東京モーターショー2013の出展物等を対象に投票を行ない、「Best of 未来」のTOP3を決めるプログラム。(共同主催:(株)エフエム東京、(株)フジテレビジョン、(株)読売新聞社)

【関連企画】
・“PlayStation® 3”/「グランツーリスモ」ブース
・トミカコーナー
・ソープボックスモックカー工作&タイムアタック
・COTY DAY(日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会・表彰式)
・ワールド フード カップ(世界のグルメが楽しめるフードコーナー)

【告知企画】
・車家の人々 【新規】
第43回東京モーターショー2013のアンバサダーとしてサポーターファミリー「車家の人々」を設定。フジテレビでのCM、イベント、ミニドラマ、情報番組等を通じて魅力を伝える。

【来場者サービス】
・車いす利用者特別見学日(プレスデー2日目、11月21日(木)午後)
・3つのオフィシャルサイトで多様な情報発信
 第43回東京モーターショー2013オフィシャルWeb サイト
 http://www.tokyo-motorshow.com/
 SMART MOBILITY CITY 2013専用Webサイト
 http://smc.tokyo-motorshow.com/
 お台場モーターフェス with 第43回東京モーターショー2013Webサイト【新規】
 http://fes.tokyo-motorshow.com/
・日刊情報紙Tokyo Motor Show News(会場で毎日編集・発行)
・学生による番組発表企画「MEGAWEB presents Navigation Station(お台場ナビステ!)【新規】
 MEGAWEBステージから学生が若者に向けた番組を製作し、インターネット番組として国内外に生放送する。
・自動車ガイドブック、エコバッグの販売
・オフィシャル・グッズの販売
・出展者プレミアムグッズの販売

【臨海副都心地域との連携】
・クーポン券の発行(周辺レストラン等の割引利用)
・臨海副都心スタンプラリー
・お台場レインボー花火2013
・働くくるま・珍しいくるま大集合
・東京モーターショー応援イルミネーション

以 上

添付: 出展者リスト(PDFファイル、359KB)
  出展車両数一覧(PDFファイル、344KB)

Adobe ReaderPDF(Portable Document Format)形式のファイルを閲覧するには、Adobe Readerのインストールが必要になる場合があります。Adobe ReaderのダウンロードはGet Adobe Readerロゴをクリックして下さい。