JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > リリース/会見 > ニュースリリース > 2010年04月08日
 

ニュースリリース- 2010年04月08日

2009年度二輪車市場動向調査について

一般社団法人 日本自動車工業会(会長:青木 哲)は、2009年度に実施した二輪車市場動向調査の結果をまとめた。

本調査は、多様化する二輪車市場の変化を捉えるため、隔年毎に新車購入ユーザーを対象にアンケート調査を行なっているものである(時系列調査)。

今回は5,575サンプルの回答があり、新車購入ユーザー調査に加え2つのトピック調査を行った。

I.二輪車新車購入ユーザー調査(時系列調査結果)の主な特徴として以下の点が見られた。

  • 男女とも「10代」「20代」の比率が時系列で減少し、特に女性「20代」の構成比は前回(07年度)に比べ半減、「50代以上」が増加し、平均年齢は全体で47.4歳と高齢化が進んでいる。
  • 需要形態は「代替」が57%と需要の中心となっている。「新規購入」は時系列で依然減少傾向。
  • 高速道路のタンデム走行経験者は22%と前回(19%)から若干増加した。
  • 今後の継続乗車意向は92%と前回(89%)と比べ若干増加した。

II.トピック調査の主な特徴として以下の点が見られた。
[1]二輪車に関する意識調査

  • 二輪車新規購入ユーザーは、購入動機として「燃費のよさ」「維持費の安さ」「移動時間の短縮」といった経済性・実用性を重視した動機が多い。一方、保有経験なし者においては「交通渋滞に巻き込まれずにすむ」点に魅力を感じている人が多いが、他方で「どの特性も購入意欲をかきたてない」の回答比率も大きい。
  • ユーザー・ノンユーザー全体の6割は、「二輪車は環境性が優れている」とし、全体の2割は、「より環境性の高い二輪車が開発されれば、買い替え・購入を検討する」と回答した。
  • 東京都(特に23区西部)および大阪市などの人口集中地域を中心に、二輪車の駐車で困っている実態が浮き彫りとなった。

[2]販売店に関する調査

  • 二輪車購入時、ユーザーは、「信頼できる雰囲気」「分かりやすい説明」「整備内容の説明」「価格・諸費用の明確な表示」「試乗が可能」「商品を見るのに十分なスペース」「展示二輪車の品揃え」「アクセサリー・用品の品揃え」を重視している。
  • 一方、二輪車販売店は、「信頼できる雰囲気」「分かりやすい説明」「整備内容の説明」「価格・諸費用の明確な提示」等を重視しており、ユーザーの重視項目と一致しているが、ユーザー満足度との間に差が生じていることがわかった。

報告書は一般向けに配布するとともに、当会ホームページにも掲載する。

二輪車市場動向調査  http://www.jama.or.jp/

以 上

ご参考:2009年度二輪車市場動向調査の概要