JAMA 一般社団法人日本自動車工業会Englishヘルプサイトマップ 
自工会の概要リリース/会見データファイルライブラリー
ホーム > リリース/会見 > 会長会見 > 2020年09月24日
 

会長会見  2020年09月24日


●神子柴副会長 挨拶

ホンダの神子柴でございます。
引き続き、副会長を務めさせて頂きます。

先ほど豊田会長から「未来の幸せをつくる自動車産業」「本当に頼りにされる自動車産業」を実現したい、とのお話がありましたが、今回の変革は、業界として一枚岩で力を合わせ、未来に挑戦するんだ、という豊田会長の強い想いに我々会員各社が賛同し、スピードをもって準備が進められ、実行されたものです。

この変革では、会員各社に、自工会への取り組みの意識改革が求められ、重責を担う『当事者意識』と『覚悟』をもって『汗をかいて』取り組むことが共通の価値観・行動規範として求められるものと理解しています。

即ち、これまで以上に会員各社が自工会事業を自ら運営していく覚悟が必要であると認識しており、その意味で、改めて副会長として身の引き締まる思いでございます。

今後、「交通事故ゼロ」・「環境負荷ゼロ」を目指す取り組みは勿論のこと、新しいモビリティ社会への挑戦を通じて、二輪・四輪のお客様、さらには広く生活者の皆様の期待に応えられるよう、私自身微力ではございますが、今回新たに就かれた日髙副会長、片山副会長と力を合わせ、豊田会長を強力にサポートし、尽力する所存でございます。

今後共宜しくお願い致します。



●日髙副会長 挨拶

日髙でございます。

これから生まれ変わっていく日本自動車工業会で、副会長として、また二輪車代表として、しっかり汗をかいていきたいと思います。

二輪車は、ユーザーの皆様に、安全、便利、そして楽しさ、という価値を提供すべく、日本のメーカーが努力し続け、世界中にその価値を提供して参りました。自工会では、その価値を広げるための世界標準やルール作り、啓発活動に取り組んできましたが、ともすると守りの姿勢になりがちだったと感じています。これからは、産業発展による国への貢献、そして社会の持続的発展のために、来るべき電動化も念頭に、世界標準策定や二輪ファンの拡大をリードしていく、攻めの組織になっていきたいと考えています。業界各社とともに、精一杯取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



●片山副会長 挨拶

この度、日本自動車工業会 副会長の任を拝命いたしました、いすゞ自動車 片山 正則でございます。

一言ご挨拶を申し上げます。

自動車業界は、「百年に一度の変革期」の真っ只中であることに加えて、昨今の「自然災害」や「コロナ禍」などの予想できない外部環境変化の中で、我々大型車メーカーも「新しい未来に向けて、様々な社会課題を解決していくため、新たなチャレンジ」をしていかなければならないと考えております。

トラックやバスなどの大型車は、経済活動や国民生活を支える重要な「社会インフラ」=ライフラインの役割を担っております。

変化の大きい時代であるからこそ、尚更に、この経済活動や国民生活を「支える力」をより強固なものに発展させていかなければならないと考えております。

今後は、豊田会長をはじめ、神子柴副会長、日髙副会長と力を合わせ、日本自動車工業会の「頼れる業界団体」への「変革」を実現していく所存でございます。

何卒よろしくお願い申し上げます。